80年かけて、たどり着いた「究極」。

酸素を「防ぐ」*ことに着目して開発された、新トリプルX

*強力な攻撃力を持つ活性酸素の過剰発生

 

恐ろしい、活性酸素の過剰発生。


活性酸素は病原菌を退治してくれるなど、私たちの体を守ってくれる必要不可欠な存在です。しかし、まるで火のような攻撃力をもち、過剰に発生すると体内の細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。酸化するということは、つまり体が「サビて」いくということ。それにより、様々な体だの不調や老化の原因となり、深刻化することで病気につながっていきます。


目指したのは、究極の活性酸素対策。

活性酸素の発生を「火事」に例えると、強力なパワーで、燃え広がっている「火を消す」というのが、一般的な考え方。しかし火を消した後には多少のダメージが残ってしまいます。

新しいトリプルXでは、ダメージを抑えるため、スプリンクラーのように火種の時点で素早く察知して、燃え広がる前に「火を防ぐ」という、まったく新しい考え方に発想を転換させました。


活性酸素を防ぐことに着目。「ファイトプロテクト」を配合。

活性酸素を「防ぐ」ことに着目し、900種類以上に及ぶ植物を20,000通り以上の組み合わせで研究して有用な植物を探し求めた結果、たどりついたのが「ローズマリー」「ウコン」「エンジュ」の3つの植物です。

この3つの植物で新しく開発されたのが、「ファイトプロテクト」という複合体なのです。

3つの植物の相乗効果でパワーアップ!

3つの植物をベストバランスで配合した結果、各植物単体の合計値と比較すると、「ファイトプロテクト」は約250%にまで健康パワーを高めることに成功しました。

5色のバランスを考慮して厳選した21種類の原料植物を使用。

newTriplex03-01

21種類の原料植物を使用。
特に不足しがちな「紫」に着目し、ベリーブレンドを強化。

植物のパワーを閉じ込めた植物濃縮物。*1

newTriplex03-03

他社にはない、栄養素を豊富に配合したサプリメント「トリプルX」。

*1 アルファルファ、オランダガラシ、パセリ、ホウレンソウはAWPS混合物として、マンダリンオレンジ、グレープフルーツ、レモン、スイートオレンジは柑橘類抽出物として、エルダーベリー、ブラックカラント、ブルーベリー、ブドウはベリーブレンドとして配合されているため、原料植物と植物濃縮物の数は異なります。



トリプルX(1日2回[各4 粒]摂取の場合)に含まれる栄養素のそれぞれをひとつの食品から摂るとすればこれだけの量に相当します。

*写真はひとつの栄養素を食材に置き換えたイメージです。これらの食材に含まれるすべての栄養素をトリプルXで摂取できるというわけではありません。

*すべて可食部換算 参考文献:日本食品成分表2017 7訂 本表編(医歯薬出版株式会社)、調理のためのベーシックデータ 第4版(女子栄養大学出版部)



トリプルXと野菜ジュース、青汁のビタミン・ミネラル量比較*1

*ビタミン、ミネラルのみを比較しています。ビタミン・ミネラル以外にそれぞれの製品ならではの栄養素を摂取することができます。

*1栄養素等表示基準値2015(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合。配合量に幅があるものは最大値を使用。ラベルもしくはホームページで表示されている各ビタミン・ミネラルの含有量(1日の摂取目安量あたり)を基に作成 
*2日経POS情報サービス調べ野菜ジュースカテゴリーにおいて金額シェア1位のブランド(2016年1月~2016年6月)
*3 富士経済H・Bフーズマーケティング便覧機能志向食品編(2016年版) 青汁市場2014年実績販売高1位の製品

 

 

他社のマルチビタミン・ミネラルサプリメントとの違い

*4富士経済H・Bフーズマーケティング便覧 機能志向食品編(2016年版)マルチバランス市場(複合)2014年実績における販売高上位のブランド 
*5セレンとクロムのみトリプルXより多く配合されています。

 

圧倒的な種類と量のファイトケミカルス(ファイトケミカルとも呼ばれる)*1

代表的な合成マルチビタミン・ミネラル製品と比べても、ファイトケミカルスの種類も量も圧倒的に違うことが分かります。

*ニュートリライトにて行った高速液体クロマトグラフィーを用いた分析結果を基に作成(2017年調べ)
*各ピークの高さはファイトケミカルスの量に比例しますが、厳密には各ピークの面積によって量を測定します。ピークの数はファイトケミカルスの「種類」の多さを示します。
*「15倍」とは、それぞれポリフェノール類の最も高いピーク同士の高さの違いを示したものであり、ファイトケミカルスやポリフェノール類の総量及び特定の物質の含有量の違いを表した数値ではありません。
* ファイトケミカルスのみを比較しているため、含まれる成分のすべてを比較しているわけではありません。
*1 高速液体クロマトグラフィーによるポリフェノール類、アントシアニン類、カロテノイド類の分析結果より
*2 富士経済H・Bフーズマーケティング便覧 機能志向食品編(2016年版) マルチバランス市場(複合)2014年実績における販売高上位のブランド

 

ニュートリライトを代表する「トリプルX」は、究極の活性酸素対策を目指したサプリメント。

一般的な合成のマルチビタミン&ミネラルサプリメントとは異なり、研究に基づいて厳選された21種類の原料植物に含まれる豊富なファイトケミカルスや、ニュートリライト独自のファイトケミカルスの複合体「ファイトプロテクト」も補給できます。

新トリプルX 8月23日(水)一般発売


美と健康のタネ

あなたの毎日を彩るウェルネス・ブログ

1497921826975

5色の彩り野菜や果物、バランスよく摂れていますか?

1484185618499

その不調は「活性酸素」のせいかも?植物の力を役立てよう!

1490942754551

オーガニック野菜が「安全」「体にいい」は本当?