白髪、ツヤがない…髪のエイジング トラブルの原因って?

白髪、ツヤがない…髪のエイジング
トラブルの原因って?

2017.06.09  |  カテゴリ:アンチエイジング

ツヤやかで健康な髪は、その人を若々しく美しく見せるものですよね。けれども年齢を重ねるにしたがって、肌と同じように髪にも白髪や髪質の変化といったトラブルが表れてくるもの。キレイな髪を長くキープするにはどうしたらいいのでしょうか。髪のエイジングについて知って、美髪キープの知識を身につけましょう。
 

白髪の原因って? 髪が育つしくみに秘密が

毛髪は毛幹と毛根に分けられます。毛根は頭皮の表面から下にある部分、毛幹はその外に出ている部分で、一般に髪の毛と呼ばれているところです。毛幹はすでに死んでいる細胞でできていますが、毛根の細胞は生きており、ここで毛髪が育てられています。草木が元気に育つためには、良い土と元気な根が必要です。これは髪も同じ。いわゆる髪の毛と言われる部分が美しくあるためには、健康な頭皮と元気な毛根が欠かせません。

毛根では毛髪の組織となる毛母細胞が細胞分裂を繰り返しています。この時、毛母にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞からメラニン色素が作られ、毛母細胞に取り込まれて毛髪に色がつきます。ところが、加齢などによって新陳代謝が衰えると、メラニン色素を作り出すための酵素が減り、色素が作られなくなって白髪になるのです。白髪になるメカニズムはまだまだ解明されていないことも多く、予防や治療といった方法は確立されていないのが現状です。
 

エイジングで起こる髪の変化とは

毛根は頭皮の毛細血管から栄養を得ています。そのため、頭皮を健康に保ち血行を良くすることはキレイな髪を育てるために欠かせないポイントです。頭皮も肌の一部。やはり加齢の影響をうけます。頭皮がたるむなどして毛穴の形状がゆがむと、毛髪が波状にうねったようになることがあります。うねった毛髪が増えるとツヤや手触りの低下につながります。お顔のスキンケアだけでなく、頭皮のケアも大切なエイジングケアといえそうです。頭皮の血行を改善するにはマッサージが有効です。クレンジング効果の高いシャンプーなどで頭皮をマッサージしながら洗うと、一石二鳥ですね。

加齢によるホルモンバランスの変化や、過剰な油分や糖分など食生活の乱れも、毛髪や頭皮に表れます。バランスの良い食生活はもちろん、サプリメントなどを活用して栄養バランスを整えることも、キレイな髪をキープするのに有効です。また、毛髪の90%はタンパク質でできています。健康な髪をそだてるためにも、良質なたんぱく質を積極的に摂ることも欠かせません。

毎日のケアが髪の未来を変える!?

体や肌と同様、髪も加齢の影響を受けています。ついトリートメントやスタイリング剤など、目に見える部分だけをお手入れしがちですが、若々しいキレイな髪をキープするためには、まず地肌をケアし、毛根を元気に保つことが重要です。シャンプーの時にマッサージをプラスする、ドライヤーで髪を乾かす時はしっかり根本を乾かす、など毎日のヘアケアをちょっと見直すだけで、髪のエイジング対策になります。そしてタンパク質をしっかり摂りながら栄養のバランスのとれた食生活も重要です。

髪がキレイだとスタイリングも決まりやすく、気分もアップ! 見えない部分も積極的にケアしていつまでもツヤのある元気な髪をキープしたいですね。

【参考】
保健同人社「あなたの髪を守る本」 岡村理栄子
文藝春秋「毛髪の話」 井上哲男

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント