その不調は「活性酸素」のせいかも?植物の力を役立てよう!

その不調は「活性酸素」のせいかも?
植物の力を役立てよう!

2016.12.12  |  カテゴリ:アンチエイジング

イベントが多くなったり、仕事が立て込んだりと、なにかと慌ただしいこの季節。体調も崩しやすいですよね。こんな時期は、植物が持つ力を借りてみませんか?
植物だけが持つという注目の栄養素「ファイトケミカルス」について詳しく知って、冬を元気に乗り切りましょう!
 

体へのダメージを引き起こす「活性酸素」とは?

この時期に体調を崩しやすいのは、外食や飲み会が多くなることが深く関係しています。栄養バランスは偏ってしまいますし、飲酒量も増えますよね。おまけに仕事もばたばたしがちな季節なので、ストレスもたまりやすくなっています。

このような乱れた環境や生活習慣によって体内に大量に発生するのが「活性酸素」です。過剰に発生した活性酸素は、細胞に甚大なダメージを与え、体の不調やシミ、しわ、老化を招いてしまうのです。

実は活性酸素は、病原菌を退治してくれるなど私たちにとって必要な存在でもありますが、増えすぎてしまうと細胞を傷つけ、細胞が劣化・老化していきます。 では、そんな活性酸素に負けずに元気に過ごすには、どうすればいいのでしょうか。
 

植物が生み出した「ファイトケミカルス」の力

そこでおすすめの栄養素が、植物が過酷な環境下で生き抜くために生み出した力ともいわれる「ファイトケミカルス」です。
太陽の光にさらされている植物は、光に含まれる紫外線によって、人間と同様に活性酸素を作り出します。しかし植物は動くことができないため、活性酸素に対処する手段として、活性酸素を吸収する優れたパワーを持つファイトケミカルスを自身で生み出しているのです。

ファイトケミカルスは、紫外線から身を守るための「色」や、害虫を遠ざけるための「香り」などの有用成分の総称です。その種類は数千~数万種類にもおよび、よく知られているものには、イソフラボンやリコペン、カテキンなどがあります。

その強力なパワーから、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素に続く「第7の栄養素」として注目されています。
そんなファイトケミカルスですが、どうやって摂取したらよいのでしょうか。
 

色とりどりの野菜・果物をバランスよく!

ファイトケミカルスの各種類はそれぞれ異なる健康パワーを発揮するため、様々な野菜・果物を取り入れることが大切です。「白」「黄」「赤」「紫」「緑」の5色に分類して、バランスよく摂ることが推奨されています。
ここで注意すべきなのは、ファイトケミカルスは普段食べずに捨ててしまう皮や種子に多く含まれているということです。このため、野菜・果物を皮や種子までまるごと食べるのが良いのですが、実際問題それはなかなか難しいですよね。

それなら、サプリメントを活用するという手があります。21種類のカラフルな野菜・果物を使用している「トリプルX」は、ファイトケミカルスが豊富に含まれているサプリメントです。主要な原料植物は、3つの自社の有機農場を中心にこだわって育てられています。だから、皮や種まですべて使っても安心なのです。

今年の冬は、注目の栄養素ファイトケミカルスを上手に摂って、元気に楽しみましょう!

 

【参考】
厚生労働省 e-ヘルスネット

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント