眠たいけど、眠れない…。良い睡眠方法を伝授します!

日本人女性は痩せすぎ?
実際に必要な1日の平均摂取カロリーと正しい食事のススメ

2016.05.02  |  カテゴリ:健康管理

美意識の高い現代の女性たち。食事の際には、カロリーの摂取量を気にする方も多いと思います。カロリーをちゃんと気にしていても時には、一日に食べた量を合計して「食べ過ぎた…」と落ち込むこともありますよね。しかし、神経質になりすぎるのも考えもの。日本人女性の平均摂取カロリーは年々減り続け、その健康状態に不安を感じる声もあがっています。
 

戦後の女性よりも1日の摂取カロリーが少ないってほんと?

厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、2013年の日本人女性の平均摂取カロリーは1日あたり1628キロカロリー。これは、なんと戦後間もない頃に実施された調査での数値1696キロカロリーを下回っています。戦後と言うと、日本中が食糧難に苦しんだ時代。そんな時代よりも平均摂取カロリーが少ないというのです。そして現在、20代女性に占める痩せ型の人口はおよそ17.4%。これは8人に1人という割合になりますが、実はこれ、アフリカのケニアと同レベルなんです。

過度なダイエットの背景には、ファッションアイコンとして活躍する女性モデルたちの非常に細い体型や、それを良しとする世の風潮などがあります。医学的に肥満とされる女性が20代女性のうち10.4%なのに対し、「自分は太っていると思う」と考えている女性は44%にものぼるなど、「痩せなくてはいけない」という強迫観念に捕らわれている女性が多いようです。
 

健康に対する影響は?

肥満およびやせの判定に使うBMIだと女性は18.5 ~ 25が正常、つまり普通体型とされています。BMIが18.5を下回る痩せ型の女性は、どのような健康被害があるのでしょうか?

まず、疲れやすく、イライラしやすくなると言われています。また、脂肪が極端に減ると、女性ホルモンの影響で卵巣機能が低下し、妊娠しにくい体になってしまうという危険性も。必要な栄養素が体全体に行き渡らない結果、肌や髪が荒れ、ひどい場合は抜け毛・薄毛に陥ることもあります。もし体がスリムになっても、お肌がボロボロになって髪が薄くなってしまったとしたら悲しいですよね。
 

フランスでは痩せすぎ女性モデルの禁止も

若い女性の痩せすぎが問題となっているのは、日本だけではありません。ファッションの国、フランスでは2015年に痩せすぎのファッションモデルの活動が法律で禁止されました。これは国内の拒食症患者を減らすことが目的で、痩せすぎの女性モデルを雇用した場合、業者には罰金が科せられます。

この問題の背景には、女性たちの間に蔓延する「痩せ型のモデル体型=美しい」という価値観があります。たしかに、コレクションで颯爽と歩くモデルたちには憧れてしまいますが、健康という側面から見ると推奨できるものとは言えません。
 

正しい食事で健康的になろう!

厚生労働省による「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」によると、18〜29歳の女性の推定エネルギー必要量は、身体活動レベルにより1,650kcal〜2,200kcalとされています。「一日の中で座っている時間が長いものの、通勤や家事などで軽い運動を行う」という方でおよそ1日1,950kcalのカロリー摂取が推奨されており、意外と多いなと思う女性も多いのではないでしょうか。

朝食を500kcal程度におさえると仮定すると、昼や夜に7〜800kcal摂取できるということになります。ここでは実際に7〜800kcalあればどのような食事がとれるのか、栄養バランスに優れたレシピをご紹介します!

「チキンステーキ 和風梅ソース、春菊と油揚げのさっぱりサラダ」

材料(2〜3人分)

チキンステーキ 和風梅ソース

  • 鶏もも肉:2枚(約300g×2枚)
  • 塩:適量
  • こしょう:適量
  • 長ねぎ:10cm

<A>

  • だし:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • 水:大さじ3
  • 梅干し:1個
  • 片栗粉:小さじ4

焼きなす

  • なす:1本

にんじんグラッセ

  • にんじん(約1cmの輪切り):4切れ
  • 水:大さじ1
  • みりん:小さじ1/3

つくり方

  1. 【下準備】なすは縦半分に切り、縦に切れ目を入れ、春菊は食べやすい長さに刻む。
    もも肉は塩こしょうして味をなじませる。
    梅干しは刻んで、ペースト状にする。
    にんじんを調味料と一緒にクッキングシートで包み、上部を絞っておく。
    長ねぎを千切りにした後水につけ、パリッとさせておく。
    大フライパンにクッキングシートを敷き、なすと油揚げをのせて4分、さらにフタをして裏に返して4分焼いたら、加熱を止め、油揚げをとり、なすを返しフタをして余熱で2分焼く。
  2. クッキングシートごと1を取りだし、水滴チェックが完了したら、鶏もも肉の皮面を下にして焼く。
    クッキングシートで包んだにんじんも、フライパンの空いているところに入れる。
    鶏モモは5分、返して4分、さらに過熱を止めてフタをし、余熱3分焼く。
    にんじんは鶏ももを返して4分焼いた後、フタをする前に取り出しておく。鶏もも肉をとりだし、フライパンに残った油を取り除き、混ぜ合わせた<A>を入れて煮詰め、梅ソースを作る。
  3. 油揚げを細めに切り、春菊と軽く混ぜ合わせ、和風ドレッシングであえる。
    器にチキンステーキ、にんじんグラッセ、焼きなす、サラダを盛り付ける。
    ステーキにソースをかけ、水を切った白髪ねぎを飾る。

レシピ詳細はこちら↓
https://queen-recipe.jp/recipe/1-1707/

こちらのレシピが454kcalですので、白ごはん一杯(およそ250kcal)と一緒に食べて約700kcal。フライパン一つで簡単にできますし、体に必要な栄養素をバランスよく摂取できるおすすめのメニューです。

正しい食生活を送り、健康的な体を手に入れることが、本当の美への近道なのだということをぜひ考えてみてくださいね。

 

【参考】
厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」
厚生労働省 「平成26年 国民健康・栄養調査結果の概要」
NHK
扶桑社BOOKS「女性のための『頭髪外来』」著者:浜中 聡子
主婦の友社「ダイエットの教科書―悩んだって、1kgも減りません」著者:ダイエットコーチEICO
女子栄養大学出版部「七訂食品成分表2016」 著者:香川 芳子

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント