頭痛や肩こりの原因は枕かも?自分にぴったりの「タオル枕」をつくってみよう

頭痛や肩こりの原因は枕かも?
自分にぴったりの「タオル枕」をつくってみよう

2018.07.27  |  カテゴリ:健康管理

毎日の睡眠に欠かせない枕。しかし、今使っている枕が自分の身体に合っていると感じている人は少ないそうです。枕は使う人の体型や敷き寝具に合わせて選ぶことが大切ですが、ポイントとなるのはその高さ。今回は、理想的な枕の選び方と、高さ調整が可能な「タオル枕」の作り方をご紹介します。
 

自分の身体に合っていない枕で寝ているとどうなるの?

現在の睡眠学では、「良い姿勢で立った状態が仰向けに寝てもキープされること」が仰向け寝の理想的な姿勢と考えられています。人の背骨はなだらかなS字型を描いているので、寝た状態でもそれをキープするためには、敷き寝具と身体の間にできるすき間を埋めることが必要なのです。

首の位置を、正しい寝姿勢に保つ役割をするのが枕です。ところが、枕の高さが首すじのすき間の高さに合っていないと、理想的な寝姿勢を崩しかねません。原因の分からない頭痛や腰痛、肩こり、イビキ、不眠症といった身体の不調は、実は睡眠時の姿勢が影響していることもあるのです。負担のかかる姿勢で長時間眠ることは、身体へのリスクも大きくなってしまうと言えるでしょう。
 

理想の枕は「高さ、大きさ、素材」で決まる!

枕の役割がわかったところで、理想の枕の条件をご紹介しましょう。ポイントは「高さ」「大きさ」「素材」の3つです。

■高さ
低すぎも、高すぎもよくありません。あごが上がってしまうほどの高さは、首すじの筋肉に余計な負担がかかってしまうので注意が必要です。

■大きさ
体格にもよりますが、枕のサイズは横幅60cm以上、奥行き40cm以上が理想的。これは寝返りしても頭が落ちず、肩幅をしっかり支えられるサイズです。枕は端から端までゆったりと使いましょう。

■素材
熱がこもらず、汗を吸収・発散させる通気性のよいものが最適です。汗っかきの方は洗濯できる素材を選ぶと衛生的です。 リラックスできるかどうかも大切なポイントとなりますので、素材はお好みで選びましょう。
 

自分にぴったりのタオル枕はクルクルッとまるめて完成!

自分にぴったりの枕は、お店でオーダーメイドまでしなくても、タオルでつくることができます。今回ご紹介するのは、首のフィット感を重視した「首枕型」の枕です。タオルで作る枕「タオル枕」のメリットは、首の形状に合わせて自分が納得のいくまで高さの調整ができるというところです。

Step 1) バスタオルの長辺の左と右を合わせ、半分の大きさにたたみます。
Step 2) 次は上端と下端を合わせ、バスタオルを4分の1の大きさにします。そして、端からコロコロとまるめていきます。
 

Step 3) 頭をカバーするちょうどよい大きさにまるまったら完成です。

簡単に作ることができるタオル枕。弾性がほとんどないので、見た目の高さはふつうの枕に比べて低めに仕上がります。

さっそく完成したタオル枕を首すじにあててみましょう。 頭の重さを後頭部だけで支えるのではなく、重さを後頭部、首全体にまで分散させ全体で頭を支えるようにします。負荷の偏りを避けることで、肩こりや首こりなどの症状が軽くなることが期待できるのです。

タオル枕が高く感じた場合はタオルのまるめる量を減らし、反対に低く感じた場合は、少し厚手のタオルに変えるか、タオルを2枚重ねでまるめるなどして調整してみてください。

タオル枕は毎日かたちを整えなおすというメンテナンスが必要になりますが、まめに洗濯することができ、その日の気分で柄や素材、高さを変えることが可能です。身体に合った枕を使って正しい姿勢で眠る習慣をつけましょう。快適な睡眠をうながす自分にぴったりのタオル枕、ぜひ試してみてください。
 


21種類の野菜・果物を丸ごと濃縮したトリプルX。

80年かけて、たどり着いた「究極」。

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント