気になる三大臭をやっつける!夏のニオイ対策

気になる三大臭をやっつける!
夏のニオイ対策

2018.08.31  |  カテゴリ:健康管理

高温多湿の日本の夏は、ニオイ対策が必須!電車の中、オフィス、エレベータ…、ニオイが気になるシーンは日常の中にたくさんありますよね。気になるニオイはどう対処したらいいのか、夏のニオイ対策について紹介します。
 

体臭が発生する原因は?

臭いの発生源には、脇、頭、首筋(うなじ)、口、足などがあります。中でも特に汗を出す「汗腺」の多い脇、頭、足は三大体臭源といえるでしょう。

脇の臭い(=ワキガ)の原因は、脇の汗腺から分泌される汗を細菌が分解するせい。ただワキガの原因はこれだけではなく、遺伝、食生活、ストレスなどで悪化することがあるようです。

また足は汗をかきやすく、靴の中で蒸れたりして臭いの温床になりがち。細菌が増えて足の垢を分解し始めると、臭いが発生します 。それから、頭から臭うのは最近注目のミドル脂臭 。汗に含まれる乳酸を頭皮のブドウ球菌が分解することで、臭いが発生します。臭いを抑えるには、臭いのもとを清潔に保つことが大切です。
 

部位別おすすめの対策

脇の臭いをケアするなら、食生活やストレスに気を付け、脇の下を衛生的に保つように心がけるとよいでしょう。足の臭い対策で必要なのは、指の間や爪の周りまでしっかり洗う、爪を切るなどで垢をためないようにすること。毎日同じ靴を履かず、日干しなどでこまめに乾燥させるのも良い方法です。

また頭皮の臭い対策には、2度洗いや地肌をよく洗うようにするなど、スカルプケアを意識することが大切です。頭頂部や後頭部などミドル脂臭の出やすい箇所を重点的に洗いましょう。臭い移りを防ぐため、枕カバーをこまめに取り換えることも大切です。
 

すべての臭い対策に、毎日心がけること!

臭い対策には汗のコントロールがいちばん。肌に残る汗をできるだけ減らすために、毎日入浴する、こまめに汗を拭く、汗をかいたら着替えるなど、肌や下着などをいつも清潔に保ちましょう。

ただし肌をキレイにしていても、衣類の繊維に菌が入り込んで臭いの発生源になることも。そんなときは、酸素系漂白剤でつけおき洗いをするとよいでしょう※。40度以上のお湯に溶かし、衣類を1~2時間ほどつけておくと臭いのもとになる雑菌をとり除けます 。生乾きの臭い対策にもなりますよ。

夏のニオイ対策には三大臭を発生させないように気を付けることが大切です。毎日の適切なケアで、臭いを撃退しましょう!

※洋服の洗濯表示ラベル、利用する洗剤の使用方法をよくお読みになって、適切にご使用ください。
 

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント