女性にもうれしい!?「ウコン」を知ろう!

女性にもうれしい!?「ウコン」を知ろう!

2016.10.12  |  カテゴリ:健康管理

お酒が好きな人向け……というイメージがある「ウコン」。女性はなじみが薄いようですが、スパイスとして薫り高くて美味しいだけじゃないんです!
 

そもそも「ウコン」ってなに?

「ウコンってなに?」というあなたでも、英語名「ターメリック」と聞けば、親しみがわいてくるのでは? ウコンは、カレーなどインド料理に使われる鮮やかな黄色い色素が特徴で、着物の染料やたくあんの着色料などにも使われているショウガ科の植物です。ウコンの鮮やかな黄色は、ウコンに豊富に含まれている「クルクミン」という色素のため。クルクミンはポリフェノールの一種です。ポリフェノールとは植物に含まれるフェノール水酸基を持つ化合物。ポリフェノールはワインだけじゃなかったんですね!
 

春ウコン?秋ウコン?

よく秋ウコンと春ウコンという呼び名も耳にします。見た目はそっくりだからそんな風に呼ばれているけど実は、二つは別の種類。春に花が咲く「キョウオウ」を春ウコンと呼ぶことが多く、本来の「ウコン」は秋に花が咲くので秋ウコンと呼んでいるのです。中国では日本で「キョウオウ」と呼ばれている方を「ウコン」と呼び、日本で「ウコン」と呼ぶ方を「キョウオウ」と呼んでします。あれ、日本と逆?!これは日本に中国漢方でウコンやキョウオウの知識がもたらされた時代の本草学者が、二つを間違えてしまったため。そんな驚きの歴史を持つ、植物なんですね。どちらも中国では1000年以上重用されてきました。寒い季節を元気に過ごすための知恵です。
 

まだまだ女性にとってうれしいメリット満載なのです!

インドにはスリムな女性が多い…。そんな印象はありませんか? 毎日がカレーのインド料理。さまざまなカレー料理があるため、毎日食べても飽きない工夫がされています。そのカレーに欠かせないのは、やはりターメリックであるウコンです。薫り高いウコンを加えると食欲増進となりますね。

固形ルーを使う日本式のカレーは、ルーに多くの脂肪が含まれています。しかしインドのカレーはスパイスがメインでヘルシー。スパイス豊富なカレーを食べると新陳代謝が促され、インド女性みたいに美しくなれるかも?

ウコンって、すごい! 食事やサプリメントで手軽に摂取できるウコンを上手に取り入れれば、いつの間にかキレイになっているかも!
 

この夏おすすめ!ウコン入り「グリーンカレー」レシピ

材料(4人分)

<グリーンカレー>

  • 鶏もも肉:1枚
  • たけのこの水煮:150g
  • 赤ピーマン(細切り):1個
  • 青唐辛子(輪切り):少々
  • バジル:少々
  • タイカレーの素:大さじ2
  • ナンプラー:大さじ3
  • ココナツミルク:250cc
  • 水:250cc
  • オイル、塩、こしょう:各適宜
  • パクチー:適宜

<ターメリックご飯>

  • 白米:2カップ
  • ターメリック (分量の水に溶かしておく):小さじ1
  • 水:2カップ

つくり方

  1. フライパンに、といで水気を切った米を入れ、あらかじめ水に溶かしておいたターメリックを加え、ターメリックご飯を炊く。
  2. 鶏肉は一口大に切る。たけのこは細切りにする。
  3. 温かな白飯を小丼に盛り、水気を切った(1)のマグロをのせ、(2)のアボカドと山芋をのせる。
  4. フライパンに油をひき、タイカレーの素を入れて軽く炒める。
  5. (3)に(2)の鶏肉、たけのこを加えて炒め、さらにナンプラーを加えて炒める。
  6. (4)に水、ココナツミルクを加え、フタをして鶏肉がやわらかくなるまで15分煮る。味見をし、塩、こしょうで味を調える。
  7. (5)のタイカレーを器に盛り、細切りの赤ピーマン、バジル、輪切りの青唐辛子をのせ、(1)のターメリックご飯を添える。

レシピ詳細はこちら↓
https://queen-recipe.jp/recipe/1-1385/

 

【参考】
メイツ出版『美味しく改善 ハーブ&スパイス薬膳 カラダを整える食材の便利帳』 監修:田村 美穗香

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント