ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌、その意外な実力と効果的な取り入れ方とは?

アボカドのちから

2016.08.03  |  カテゴリ:食生活

女性に大人気のアボカド。美容と健康にたくさんの良い影響をもたらすその秘密を、あらためて明らかにしていきましょう。そして、そんなアボカドを効果的に使った美味しいレシピもご紹介したいと思います!
 

アボカドはフルーツの中でも特に栄養素がたっぷり

アボカドは、濃厚でクリーミーな味わいと豊富に含まれる脂肪分から、「森のバター」と呼ばれていることは有名ですよね。文部科学省が公表する食品成分表によると、アボカド100gあたりに含まれる脂質は、フルーツの中でもダントツの18.7g。しかも、そのうちの多くは不飽和脂肪酸と呼ばれる健康に良い脂質なんですね。

アボカドには脂質のほかにも数多くのビタミン類、ミネラル類、食物繊維といった栄養素が含まれています。こうした高い栄養価をもつアボカドは、わたしたちの美容や健康にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?
 

美容効果でアボカド美人に!

アボカドは美容への効果も高く、最近では、「食べる美容液」と呼ばれることもあるほどです。たとえば、100gあたり5.3gも含まれる食物繊維はゴボウ(5.7g)に匹敵し、優れた整腸作用をもたらしてくれます。

また、正常な血圧を保ってくれるカリウムの含有量は、なんとバナナ(360mg)の2倍の720mg。

さらに、ほかのフルーツと比べて多く含まれるのがビタミンEで、100gあたり3.6mg。ビタミンEは抗酸化作用により体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けます。

また、アボカドはわたしたちの健康をサポートしてくれる栄養素も豊富に含んでいます。生体の解毒作用を助けるグルタチオンもそのひとつです。
 

お手軽レシピでアボカドを摂取しよう

アボカドは、その豊富な栄養素を壊さないために、生食でいただきましょう。ここでは、「カフェめし」で見かけることも多い丼メニューをご紹介します。手軽な料理でアボカドを摂取し、そのちからを体感してみてください!

「三種イタリア小丼(マグロ)」

材料(4人分)

  • マグロ:120g
  • アボカド:1/2個
  • 山芋:5cm
  • わさび:大さじ1/2
  • 醤油:大さじ2
  • 酒:大さじ2
  • 塩:適宜
  • こしょう:適宜
  • オリーブオイル:適宜
  • 白飯:40g×4

つくり方

  1. マグロは角切りにし、醤油、酒、わさびを加えつけておく。
  2. アボカドと山芋は1cm弱の角切りにし、塩、こしょう、醤油、オリーブオイルをふり、軽く和えておく。
  3. 温かな白飯を小丼に盛り、水気を切った(1)のマグロをのせ、(2)のアボカドと山芋をのせる。

レシピ詳細はこちら↓
https://queen-recipe.jp/recipe/1-1321/

 

【参考】
農山漁村文化協会『アボカド─露地でつくれる熱帯果樹の栽培と利用─』著者:米本 仁巳
マイナビ出版『アボカド三昧 アボカド専門店のかんたん、おいしい絶品レシピ』著者:宮城 尚史、宮城 香珠子
女子栄養大学出版部『栄養素の通になる 第3版』著者:上西 一弘
高橋書店『もっとからだにおいしい 野菜の便利帳』監修:白鳥 早奈英、坂木 利隆
文部科学省 ホームページ

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント