冬のほっこり気分を盛り上げる!おもてなしにも使える大根レシピ

冬のほっこり気分を盛り上げる!
おもてなしにも使える大根レシピ

2016.11.28  |  カテゴリ:食生活

大根は、お医者さんが選ぶ冬野菜で堂々No.1に選ばれました!大根に含まれるジアスターゼが消化を助け、胃腸に負担がかかるイベントの多い年末年始に私たちを癒してくれるのです。
大根がいっそう美味しくなる季節です。大根をより楽しむためのレシピをご紹介!

※ 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」調べ

 

まずはおろして。カンタンなのに美味しい!

大根はビタミンCがたっぷり。生で食べれば、熱に弱いビタミンCも摂取できますよ。

「焼きキノコの大根おろし和え」

材料(2人分)

  • 大根 1/4本
  • お好みのキノコ 適量
  • ポン酢 大さじ1/2
  • 万能ねぎ 適量

つくり方

  1. 適量のサラダ油をフライパンにいれ、キノコの焼き色がつくまで炒める。なめこの場合は、サッと湯がく。
  2. 食べる直前に大根をおろし、軽くしぼって水分を調整する。
  3. お皿にキノコを和え、万能ねぎを散らし、ポン酢をかける。
     

おもてなしにピッタリ!

心もカラダも温かくなる一品です。

「ギフト大根(ふろふき大根)」

材料(4人分)

  • 大根 1本
  • 人参 1/3本
  • 三つ葉 1束
  • 昆布 10cm

<たれ>

  • 味噌 大さじ4
  • 砂糖 大さじ6
  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ1

つくり方

  1. 大根を10cmと1cm輪切りにし、ペアにする。1cmの大根がふたになる。10cmの大根は抜き型で筒状にくりぬく。ぬいた芯を1cmの輪切りにしギフトボックスの底にする。残った大根と人参は5mmの薄切りにし、花やイチョウの型抜きする。
  2. 鍋に昆布と(1)を入れ、ひたひたの水を加え、弱火で煮る。
  3. たれの材料を小鍋で熱し、アルコールを飛ばす。
  4. 大根にゆでた三つ葉でリボンをかける。たれを先にお皿へ添えてから、ギフト大根を盛り付け完成。

ワンポイント・アドバイス
ゆでた三つ葉の茎を重しなどでつぶし、平たくすると扱いやすく、見た目のリボン感もUP。
 

ローカロリーな大根だから、こっくり料理にも

大根は100gあたり17.9kcalとローカロリーの王様。豚バラを使ってしっかり栄養をとりつつ、カロリーを抑え目にしたいなら、大根の出番です。

「大根と豚のこっくり煮」

材料(4人分)

  • 豚バラ 300g
  • 大根 1/2本
  • 鷹の爪 1〜2本
  • 昆布 10cm
  • 醤油 大さじ4
  • みりん 大さじ4
  • ごま油 大さじ2

つくり方

  1. 豚バラは3cm、大根は厚さ2cmにカットする。
  2. 鍋にごま油をひき、豚バラを炒め火が通ったら、大根も炒める。
  3. ひたひたの水と昆布、小口切りにした鷹の爪を加え煮る。
  4. 大根に火が通ったら、みりん、醤油の順に加え味を整えたら完成。

しっかり味付けした大根料理なら量も食べやすく、大切な栄養素もより多く摂取できますね。
生で食べても、調理しても美味しい大根。野菜が割高になりがちな冬は、大根料理で乗り切りましょう!

 

こちらもオススメ

美と健康をサポートするサプリメント