健康管理

乳酸菌のとりすぎに要注意。なぜ?

  • ヨーグルトのような乳製品に豊富に含まれる「乳酸菌」。善玉菌の一種である乳酸菌には、腸内菌を助ける働きがあります。スッキリに有用なだけではなく、健康維持をサポートす有用性が期待できます。日頃から乳酸菌を意識的に摂取しているという方も多いのではないでしょうか。

    しかし、乳酸菌の摂りすぎには要注意ともいわれます。上手に乳酸菌を摂取するためには、いくつかのポイントが重要となるのです。こちらの記事では、その理由と乳酸菌の上手な摂取方法についてお伝えします。

  • 宮崎郁子

    東京医科大学医学部医学科卒業後、東京医科大学病院 消化器内科、東京医科大学病院 内視鏡センター助教、牧野記念病院 内科を経て、2015年より東京国際クリニック/医科 副院長を務める。

  • 乳酸菌の摂りすぎには問題がある!?

    腸内細菌の働きを助けてくれる「乳酸菌」。健康維持につながると聞くと、ついつい多く摂取したくなってしまいますよね。「一日にどのくらい摂取すればいいのだろう」といった疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

    実は、乳酸菌の摂取量に規定はありません。その理由は、乳酸菌は大量に摂取したとしても、体内に蓄積されることなく排出されてしまうから。つまり、乳酸菌は一度に大量に摂取すればいいものではなく、継続して腸内に補充する必要があるのです。

    ここで注意したいのは、乳酸菌を摂取しようとするあまりに食品に含まれる成分を摂りすぎてしまうこと。乳酸菌が含まれる食品に着目しつつ、その注意点をさらにチェックしていきましょう。

    乳酸菌が含まれる食品は?

    乳酸菌は、ヨーグルトをはじめとする以下の食品に含まれています。

    ・ヨーグルト
    ・チーズ
    ・ぬか漬け
    ・味噌
    ・日本酒

    ヨーグルトやチーズは、乳酸菌以外にも良質なタンパク質やカルシウムを含む食品です。商品によっては、脂質や糖質も含まれています。適量であれば問題ありませんが、脂質や糖質の摂りすぎはカロリーオーバーの要因となるのです。脂質や糖質の過剰摂取が気になる場合には、無脂肪や無糖のものを選択するのが良いでしょう。

    また、長期保存が可能なぬか漬けや味噌には、塩分が多量に含まれています。味噌汁にして薄める分には心配ないものの、野菜やおにぎりに直接付けて食べる場合には、塩分の過剰摂取に注意したいものです。また、ぬか漬けに醤油をかけて食べるようなスタイルも要注意といえます。

    製造段階で乳酸菌が作用する日本酒も、とりすぎに注意したい食品のひとつ。乳酸菌の有用性を期待するあまり、飲みすぎてしまってはアルコールがほかの臓器に負担をかけてしまいます。

    このように、食品から乳酸菌を摂取する場合には、適量を心掛けることが大切です。乳酸菌を含む食品だけを取り入れるのではなく、ほかの食品を合わせながらバランスの良い食生活を目指しましょう。

  • ヨーグルトや乳酸菌飲料のとりすぎに注意

    1mlあたり1,000万個以上の乳酸菌を含むヨーグルト。ヨーグルトは、毎日の食事に手軽にプラスでき、子どもからお年寄りまで幅広い世代に好まれる食品です。一方で、ヨーグルトに含まれる脂質をとりすぎてしまうことも考えられます。

    乳酸菌飲料は、ヨーグルトと同じく生乳をもとに作られる乳製品です。この乳酸菌飲料は、製造方法によって以下の2種類に分類されます。

    乳製品乳酸菌飲料

    無脂乳固形分を3%以上含み、乳酸菌または酵母の数が1mlあたり1,000万個以上存在する乳酸菌飲料です。加熱しない生菌タイプと、加熱殺菌する殺菌タイプにさらに分類されます。

    殺菌タイプは、保存性が高まるのが特徴です。そのまま飲むタイプ以外に、希釈して飲むタイプもあります。

    乳酸菌飲料

    乳酸菌飲料は、無脂乳固形分が3%未満とされ、乳酸菌または酵母の数が1mlあたり100万個以上と規定されています。

    乳製品乳酸菌飲料と乳酸菌飲料は、そのどちらにも甘味料や香料、果汁などが加えられています。そのため、飲みすぎてしまうと糖分を摂りすぎる可能性があるので注意が必要です。さらに、ヨーグルトや乳酸菌飲料の摂りすぎで体調不良になる人もいます。そのような人は大人の「乳糖不耐症」の疑いがあります。

    お腹がゆるくなる「乳糖不耐症」

    乳糖不耐症とは、体内に取り込んだ乳糖を消化できない状態を指します。実は多くの健康な成人に乳糖不耐症があるのではないかといわれています。

    成人の乳糖不耐症の場合、通常は250~375ml以上の牛乳を飲んで20分から2時間経過したのち、下痢・腹痛などの腹部症状が現れるといわれています。また、何らかの要因で小腸粘膜に損傷が生じた際にも、一時的に乳糖不耐症が引き起こされることがあるのです。

    乳糖不耐症に対処するためには、牛乳や乳製品の摂りすぎに注意することが大切です。自分の許容量を超えて乳糖を摂取しなければ、乳糖不耐症の症状が出ることはありません。一度に摂取する乳糖の量を許容量以下に抑えることで、症状を回避することができます。小児の場合には、少量の摂取でも下痢等を起こす可能性があるため特に注意が必要です。

    乳酸菌には、腸内環境バランスをサポートする働きがあります。しかし、乳製品ばかりを摂取していると、知らずに自分の許容量を超えてしまう可能性もあるため気を付けましょう。

  • 乳酸菌は、毎日とり続けることが大事

    前述したように、乳酸菌は一度に大量に摂取すればいいものではなく、毎日こつこつとり続けることが大切です。ここからは、乳酸菌を摂取するポイントについてチェックしていきましょう。

    乳酸菌の栄養源を摂取して善玉菌アップ

    乳酸菌は、腸内で有益に働く善玉菌のひとつです。善玉菌を増やすためには、健康に有益な善玉菌「プロバイオティクス」を意識的に摂取する必要があります。食品では、前述したヨーグルトや乳酸菌飲料などが有効です。

    さらに、腸内に到達した乳酸菌の栄養源となるのが「プレバイオティクス」。これを乳酸菌と一緒に摂取することで、腸内にある善玉菌の働きを助けることができます。

    プレバイオティクスを含む食品成分は、食物繊維やオリゴ糖などです。具体的には、以下のような食品となります。

    食物繊維を含む食品
    野菜類ゴボウ、ニンジン、ブロッコリー、ホウレンソウなど
    豆類納豆
    いも類里いも、こんにゃくなど
    その他海藻、きのこ、果物など

    オリゴ糖を含む食品
    野菜類タマネギ、ゴボウ、ニンニク、アスパラガスなど
    豆類大豆
    果物バナナ
    その他はちみつ

    乳酸菌とプレバイオティクスの組み合わせ

    食事は、毎日欠かすことができないものです。乳酸菌を食品から取り入れるのであれば、プレバイオティクスとともに効率よく摂取したいですよね。

    朝食としておすすめしたいのは、乳酸菌を含むヨーグルトとオリゴ糖を含むバナナの組み合わせ。はちみつをかければ、さらなる有用性を期待できます。

    毎日の食卓に取り入れやすい味噌汁は、具材でプレバイオティクスをプラスしましょう。海藻やきのこを加えれば、効率的に食物繊維を摂取できます。具だくさんの豚汁であれば、豚肉のビタミンやタンパク質も一緒に取り入れることができますね。

    日本酒がお好きな方は、晩酌のおともに発酵食品を取り入れましょう。野菜の炊き合わせはもちろん、旨味の強いチーズも日本酒にぴったりの組み合わせです。辛いものが好きな方には、キムチ納豆も喜ばれますよ。

    このように、乳酸菌はひとつのものにこだわって大量に摂取するのではなく、さまざまな食品を組み合わせながら摂取することが大切です。結果的に、乳製品の摂りすぎ予防にもつながります。

    生活習慣にも気を付けて

    摂取した乳酸菌がすむ腸内を良い状態に保つためには、生活習慣にも気を付ける必要があります。不規則な生活習慣が生み出すのは、腸内環境の乱れ。「腸脳相関」といわれるように、腸と脳は密接な関係にあるのです。

    例えば、過度な緊張を感じるとお腹が痛くなるというケースがあります。これは、ストレスを感じた脳が、自律神経を通して腸に影響を与えているからだと考えられているのです。自律神経を整えるためには、規則正しい生活習慣が大切といえます。具体的には、以下の3点に気を付けてみましょう。

    1.十分な睡眠時間

    人は、眠っている間に副交感神経が優勢になります。そのため、寝不足になると交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

    「忙しいから週末はしっかり寝だめする」という方もいますが、これは逆効果になります。睡眠による有用性は、乳酸菌と同様に蓄積させることはできません。さらには、夜に眠れなくなってしまうという悪循環を引き起こします。

    「寝不足が続くと肌が荒れる…」という経験はありませんか?これは、寝不足によって腸内環境が乱れるためだとも考えられます。

    十分に睡眠時間をとることは、規則正しい生活の基本です。腸内環境を整えるためにも、なるべく決まった時間に寝て起きるように心がけましょう。

    2.体と心をしっかり休める

    「仕事や育児に追われ、気付けば体も心も疲れ切っている…」、忙しい現代社会ではそのような方も多いのではないでしょうか。

    自律神経を整えるためには、休めるときにしっかりと体を休め、疲労回復に努める心がけが大切です。ついつい手にしがちなスマートフォンも要注意。長時間明るい画面を見つめていると、眼精疲労へとつながることにもなるでしょう。

    また、テレワークなどで座ったままの状態が続くときには、小まめに休息をとることもポイントです。体をしっかり休めるためには、適度な運動も大切。体を伸ばすストレッチや散歩は、心身のリフレッシュにもつながります。

    3.リラックスできる方法を見つけておく

    自律神経を整えるためには、ストレスをためない環境づくりが大切です。とはいえ、忙しい毎日の中でゆっくりとリラックスするのは難しいものですよね。そんなときには、どのようなことが自分のリラックスにつながるのかを考えてみましょう。

    リラックスのための時間が取れないという場合には、好きな音楽を流したり、リラックス効果のある香りを日常に取り入れたりするのがおすすめです。一日の終わりにつかる湯船も、リラックス効果を高めてくれます。

    このように、意識的に生活習慣を整えることが腸内環境正常化に役立つことへとつながります。「健康に自信がないという」場合には、生活習慣の乱れを見直してみましょう。

  • 乳酸菌の効果的な摂取には、サプリがおすすめ

    「健康のために乳酸菌を摂取したいけれど、乳製品は苦手」、「もっと効果的に乳酸菌を摂取したい」など、健康を意識すればするほどそのように感じる方もいるのではないでしょうか。

    そこで活用したいのが、乳酸菌をバランス良く含む乳酸菌サプリメント。1日あたりの摂取目安が表示されているサプリメントならば、乳酸菌を摂りすぎてしまう心配がありません。また、時間や場所を選ばす、いつでも手軽に摂取できます。

    忙しい方、より乳酸菌の有用性を助け菌活に活かしたい方の心強い味方となってくれる乳酸菌サプリメント。こちらでは、乳酸菌サプリを選ぶ際のポイントに着目してみましょう。

    乳酸菌サプリを選ぶ際の注意点

    乳酸菌サプリには粒状のものもあれば、顆粒やカプセルなどさまざまな種類が販売されています。見た目だけではなく、価格や内容量、乳酸菌の成分や含有量も企業によってさまざまです。

    前述したように、乳酸菌は継続的に摂取することがポイントとなります。乳酸菌サプリを選ぶ際には、じっくりと比較検討して自分に合ったものを選ぶように心がけましょう。

    乳酸菌を効果的に摂取「ニュートリプロバイオ」

    5種類の乳酸菌とビフィズス菌を含む「ニュートリプロバイオ」は、忙しい方でも手軽に善玉菌を摂取できるサプリメントです。「今日はあれを食べないと…」と悩む必要もなく、1日1本から菌活を始められます。

    生きて腸に届くことはもちろん、腸内菌をサポートするのがニュートリプロバイオ最大の特徴です。そのまま発酵しながら増殖し、腸内細菌を助けてくれます。1本あたりに含まれる善玉菌は63億個とされ、食品の栄養成分の摂りすぎを心配することなく、効率よく善玉菌を摂取できるものです。

    プロバイオプラスの独自ブレンドした5種類の乳酸菌とビフィズス菌からなる善玉菌は、1本あたり100億個にもなります。こちらも1日1本が摂取の目安となるため、手軽に毎日の健康に取り入れることができますね。

  • 食生活のバランスを整えて腸を元気に

    腸に蓄積できない乳酸菌は、一度にたくさん摂取してもあまり効率てきではありません。むしろ、乳製品の過剰摂取はお腹の調子を崩す可能性もあります。多くの菌が存在する腸内菌をサポートするためには、食生活や生活環境を見直す意識が必要なのです。適量を心掛け、体の中から健康を意識していきましょう。