NUTRILITE ®

ダイエット スケボー、クライミング、BMX…注目の東京オリンピック初開催競技にあなたもトライ?!

画像

2022年1月 7日 / 更新:2022年2月16日

2020 年はオリンピックイヤー。たくさんの注競技がある中から、今回は東京2020 オリンピックで初登場する競技・種をご紹介します。競技の概要やさを知れ ば、気分も盛り上がるはず。しっかり予習して観戦に備えませんか

いよいよ1年後期待まる東京五輪

2020 年7 24 から8 9 までの17 間、都東京で開催されるスポーツの 祭典「東京2020 オリンピック・パラリンピック」。東京では1964 年以来2 度、 56 年ぶりの開催となります。参加国・地域数は205(予定)、競技種数は33 競技 339 種。世界のトップアスリートたちをにするチャンスに胸が鳴ります。

東京五輪開催前には、121 間にわたって聖リレーも開催。2020 年3 26 に福島県樽葉町・広野町を出発し、全国47 都道府県を巡ります。

さまざまな祭典を経てスタートする東京2020 オリンピック。そして8 25 から 9 6 まで開催される東京2020 パラリンピック。観戦チケットを既ににれた もまだのも、選たちの素晴らしい活躍を夢て来たる開催を待ちましょう

注の初開催競技

2020 年東京オリンピックで初めて開催される競技のなかには、本古来の競技も含まれています。それでは今回追加された4 競技の概要を簡単に紹介しましょう。

  • サーフィン
    ハワイやタヒチなど、古代ポリネシアが起源とされるサーフィン。近代サーフィンを広めたのは、オリンピック泳競技のメダリストでハワイの英雄デューク・カハナモクといわれています。
    サーフィンはハワイのほか、カリフォルニア、オーストラリアなどで盛んなスポーツ です。本では1960 年頃に、湘南や千葉の海で遊んでいたアメリカの遊びを、地元のどもがまねして始めたのがきっかけで広まったといわれています。サーフィン ボードにはさまざまなさのものがありますが、今会ではさ9 フィート(約2.7 m)未満の「ショートボード」で競います。


  • スポーツクライミング
    登の種ロッククライミングからまれた競技です。1980 年代に壁が登場し て以来、室内で競う競技となりました。「スピード」(ゴールまで登る速さで競 う)、「リード」(到達度で競う)、「ボルダリング」(クリアした課題の数で競 う)の3 種をい、合計点で順位を決定します。

  • 空手
    沖縄発祥の「(ティー)」と呼ばれる格闘術が、中国や本の武術の影響を受けな がら独特の進化をした武道です。元々は仮想敵を想定して「形」を習得するものでし たが、突き・蹴りを中に2 で打ち合う「組競技」が広まり、世界でも気のス ポーツになりました。
    今会では、突き・蹴り・打ちをコントロールして攻め合う「組競技」と、受け・突き・蹴り・投げ・固めを正確に演舞できるかを競う「形競技」に分かれて競います。

  • スケートボード
    1940 年代のカリフォルニアでまれた遊びが始まりといわれています。本では 60 年代にサーファーを中に気となり、70 年代には全国に広まって、専パーク などができました。
    時下になったものの、90 年代にってストリート・カルチャーの代名詞へと成 。現在は再び競技としての気がまっています。今会では構造物(セクショ ン)で技を競う「ストリート」と、宙にくんでエア・トリックで競う「パーク」 の2 種がわれます。

クライミングにBMX にスケボー あなたもトライしてオリンピアン気分に

若者に気の都市型スポーツは、較的軽に体験できるのでトライしてみてはいかがでしょう。スタイリッシュさも際つスポーツを始めてみたら、夢中になるかもしれませんよ。

例えばスケートボードなら、ボードがあればパークのある公園などで簡単に始められます。初者はヘルメットやプロテクターも意すると安。どもでも楽しめるスポーツです。

スポーツクライミングは、特に道具も要らずジムなどで気軽に体験できるのでおすすめ。全国にクライミングジムがあるので、挑戦しやすいかもしれません。

今回、転競技種として初めて追加された「BMX フリースタイルパーク」は、 達成感を味わえるスポーツです。 (※転競技に追加されたのはBMX フリースタイルパークとトラック競技のマデ ィソンの2 種)

BMX は、1970 年代初頭にアメリカ海岸でまれました。フリースタイルパークで は規定の時間内でトリックをい、難易度、完成度、オリジナリティーで競います。 初者がトリックを習得するのはなかなか難しそうですが、技ができたときにはき な喜びを得られそうですね。

まとめ

本選の活躍が期待される初開催競技。度でもプレイした競技なら、より近に感じられて観戦の楽しみも増すはず。せっかく新しくスポーツを始めるなら、五輪競技にチャレンジしてみては

【参考文献】

  • 【出典】
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技会組織委員会「オリンピック競技覧」

最新の記事一覧 更新順

もっと見る

ページトップへ戻る