NUTRILITE ®

女性サポート 髪の焼け!?美髪を守るUV 対策とは

画像

2022年1月 7日 / 更新:2022年2月16日

差しが強くなる季節、外出時にはUV 対策がかせません。焼けめや サングラス、アームカバーにストール……。肌の対策はバッチリでも、髪の 焼け対策はしていますか? 今回は、髪をUV ダメージから守る法につ いて紹介します。

UVで髪がダメージを受けると……

「髪が焼けする」とわれても、体髪に何が起こるのか……イメージし づらいも多いのではないでしょうか。まずは、髪へのUV ダメージとは 体どんなものなのか、ていきましょう。

  • UV でキューティクルが破損?
    髪の表は「うろこ」状のキューティクルで覆われています。キューティク ルは膜のような役割を果たし、髪の中のたんぱく質や保湿成分を守っていま す。UV のダメージを受けると、キューティクルがめくれたり、はがれたり して隙間が発。そこから髪の分・栄養が失われ、乾燥・パサつきを引き 起こしてしまうのです。

  • UV でキューティクルが破損?
    強なUV の影響で、ブラッシングのさいに髪のが切れたり、枝ができ やすくなったりといった影響が出ることもあるのです。

UV から美髪を守る、対策法は?

  • UV を避ける!
    帽や傘を活して差しそのものをシャットアウトするのは、番シン プルですぐにできる対策法です。髪がくて帽に隠れないは、お団な どのまとめ髪にすると対策しやすくなりますよ。

    最近はUV カット機能がついたレースのカーテンもよく販売されているの で、家にいるときの対策段としてチェックしてみてもいいかもしれませ ん。
  • UV ケアアイテムを活しよう
    ジェルや乳液など、肌の焼けめを髪に利するのは難しいですよね。 そこで、髪や頭のUV ケア製品があると重宝します。紫外線だけでなく、 ドライヤーの熱や乾燥による髪ダメージから守るミストも販売されています。

美髪のために!意識したいべ物

まぐろ・鮭・・鶏・レバー・バナナなどには、たんぱく質からのエネルギーの成、膚や粘膜の健康維持などを助ける働きがあります。

また、牡蠣・豚レバー・ごはん・納などは、たんぱく質・核酸の代謝 に関与して健康の維持に役ちます。
パプリカ・ブロッコリー・じゃがいも・キウイなどは、抗酸化作を持つ 材として知られています。アーモンド・うなぎ・モロヘイヤ・かぼちゃなど も、同じく抗酸化作を持つビタミンE が豊富。体内の脂質を酸化から守 り、細胞の健康維持を助けてくれます。々の卓に取りれてみてはいか がでしょうか。

、このような材でも、揚げ物などの脂っこい料理にして摂りすぎると、「脂漏性脱症」になる恐れも。これは頭の”脂の増えすぎ”が原因で発症する脱症で、抜けだけではなく、頭のかゆみやフケなどの症状が特徴的です。
脂肪の摂りすぎはにも悪影響を与える恐れがありますので、注意しましょう。

まとめ

UV ダメージから美髪を守るため、外側と内側、両からのケアをがけま しょう。栄養素を摂るのが切と分かってはいても、忙しい活の中で継続 的にバランスの取れた事を摂るのはなかなか難しいもの。サプリメントも 上に活しながら、無理なく続けていく法もおすすめですよ。

【参考文献】

  • 【出典】
  • 「薄の原因!?髪に悪いべ物や活」薄治療専 東京スカルプ クリニック公式メディア“AGA ジャーナル”

最新の記事一覧 更新順

もっと見る

ページトップへ戻る